[an error occurred while processing this directive]

【vol.26】ゲストと触れ合う時間を充実させた
笑顔と会話のつきない和やかウエディング
2016年4月挙式 神嶋・吉田ご両家様 

ロイヤルパークホテルを選んだ理由をお聞かせください

沖縄、北海道、兵庫から親戚や友人を招待する予定だったため、東京駅周辺のホテルを探していました。
また私たちは100名以上ゲストをお招きしたかったため、その人数が収容できて、さらに新郎新婦をどの席からでも見えやすい会場の作りが良いと思っていました。
そして来てくださった方に喜んでもらうために料理のおいしい会場ということも、外せない条件でした。

実際ロイヤルパークホテルの「ロイヤルホール」は天井の高さが6メートルあり、会場に入った際、雰囲気に圧倒されました。
また、お料理も、ブライダルフェアでコース料理を試食し、「これをみんなに食べてほしい!」と思いました。
そしてプランナーも笑顔が和やかで話も楽しく、この人と一緒に結婚式を作りたいと思いました。

1つ1つの条件が全てロイヤルパークホテルでそろったため決定にいたりました。

挙式でのこだわりと感想をお聞かせください

挙式は教会式を選びました。
当日はとにかく嬉しくて、嬉しくて、ずっと笑っていたような気がします。
みんなの優しい、あったかい気持ちが伝わってきて、本当に幸せだと実感しました。
新郎が「誓いのことば」を言うときに、泣きそうになっていたことが印象に残っています。

当日の衣裳のポイント、選んだ理由をお聞かせください

ウエディングドレスは気品あるAラインのドレスにしました。
正面から見ると、とてもシンプルですが、後ろ姿がゴージャスで、そのギャップがとても気に入りました。
両親に衣裳合わせに付き合ってもらったのですが、結果的に選ぶことになるドレスを母が見た途端、「きっとこれが一番似合うわ」と言って、実際に私が試着してみると、自分でもこれが一番似合うと感じ、親子一致で決定しました。
やはり私を27年間育ててきた母の目はすごいと思いました。

カラードレスはショッキングピンクにしました。
試着をしてみて、淡い色よりも濃い色が似合ったことと、ウエディングドレスからガラッと印象を変えることができると思い、決定しました。
衣裳室の担当の方が私の好みにあったドレスを探してくれて、このドレスに出会うことが出来て、とても感謝しています。

披露宴でのこだわりと感想をお聞かせください

来てくださった方々が笑顔になる結婚式にしたい、ということが、私たちの一番のこだわりでした。
そのためウェルカムスペースには来てくださった方との思い出写真をいっぱい貼ったコルクボードを置いたり、私も新郎もダイビングをするので、貝殻を散りばめたり、結婚式用に作ってもらった島ぞうりを飾りました。
またゲストと触れ合う時間を設けたかったので、再入場の際は、それぞれのテーブルでの写真撮影の時間を長めに作っていただきました。

また、私には内緒で、高校の友人がサプライズムービーを作ってくれました。
私の実家まで出向いて撮影してくれたり、高校や大学の友人、恩師、先生、家族からたくさんのメッセージを集めてくれていました。
これはとってもうれしかったです。

そしてなんといってもブライダルフェアで試食した「牛ヒレ肉とフォアグラのソテー」!!!
これがとてもおいしかったので、私たちの選んだコースには元々入っていなかったのですが、お願いをして取り入れました。みんなにも喜んでもらえてよかったです。

これからのカップルへのアドバイスをお聞かせください

準備は結婚式の1ヶ月前からが大変でした。
作成がギリギリになってしまったプロフィールムービーの写真集めや写真にあわせたコメント作り、席次表の作成や、BGMの決定、ライブエンドロールのコメント作りなど、寝る暇もないほどいそがしくなってしまいました。
お互い実家に住んでいたので、週末になると、ふたりで結婚式の準備に励みました。それも今では良い思い出です。

結婚式前日もホテルに宿泊し、夜中の2時まで、来てくださる方の顔を思い浮かべながら、席札の裏にメッセージを書いていました。
楽しみのワクワクと、不安のドキドキが入り混じっていましたが、一瞬一瞬があっという間という話をまわりから聞いていたので、全てを心に焼き付けようと思っていました。

結婚式当日は、やはりあっという間に過ぎましたが、準備が大変な分、ゲストの嬉しそうな顔が見られますので、皆様も準備頑張ってください!

ウエディングレポート一覧

もっと読む

Photo Galleryフォトギャラリー

ホテル館内には美しい花嫁をさらに輝かせる、
素敵な撮影スポットを多数ご用意しております。

Contactお問い合わせ・資料請求