[an error occurred while processing this directive]

【vol.27】ゲストにたくさんの幸せを届けられるようにと
願いを込めた『なないろ(7月16日)』ウエディング
2016年7月挙式 河野・久保田ご両家様 

ロイヤルパークホテルを選んだ理由をお聞かせください

ロイヤルパークホテルは新婦を初めて新郎の家族に紹介した場所であり、その後両家の顔合わせも行なった場所でしたので、ふたりにとって思い出深いホテルだったことが一番の理由です。
また、食事がおいしくスタッフのサービスも素晴らしかったこと、遠方からのアクセスも良く、ゲストをお招きするのに負担が少ないと思ったので、日頃お世話になっている方々にも喜んでいただけると思いました。

挙式でのこだわりと感想をお聞かせください

私たちはホテル内にあるホワイトチャペルでの「教会式」を選びました。
父親とバージンロードを歩く前に、母親にベールを下げてもらうという「ベールダウン」の儀式をとりいれたことで、神聖な気持ちで父と歩くことができました。

また、挙式で着用したウエディングドレスはシンプルなものがよかったのでレースや装飾を多用してないものを選びました。ホテルのロビー大階段で撮影をしたことも、良い思い出になりました。

披露宴でのこだわりと感想をお聞かせください

お料理は美味しいものを召し上がっていただきたかったので、プランの物ではなく、一品ずつチョイスしてオリジナルメニューを作りました。牛肉のパイ包みは美味しいと有名でしたので、ぜひメニューに取り入れたいと思い選びました。

ふたりとも食いしん坊なので、出てくるお料理は全て食べようと思っていましたが、新郎新婦は思いの外忙しく、あまり食事ができなかったのが心残りでしたが、両親をはじめゲストの方々にはお料理が美味しかった!と大変喜んでいただき、嬉しかったです。

ウエディングケーキ入刀のシーンでは、ファーストバイトのお手本バイトとして、両家の両親にサプライズで披露してもらい会場内が盛り上がりました。また、新婦中座の際に姉と弟にエスコートをお願いし、9月に挙式を控える姉へ花束のプレゼントをサプライズで行ないました。教会式のベールダウン含め、家族の絆を強く感じることのできる温かい演出になりました。

再入場の際はフォトプロップスを用いたフォトラウンドを各卓で行ないました。
式に出席してくださったゲストにお礼の葉書を出す予定だったので、自分たちふたりだけの写真より、皆で撮った写真の方が記念に残るな、と思い、この各卓で撮影した写真を使用しました。
13卓あり、デザインも13種類用意したので手配は少し大変でしたが、受け取っていただいたゲストには大変好評でやってよかったと思いました。

7月16日の挙式だったので、披露宴では「夏」を意識して様々なアイテムを取り入れました。
例えば、カラードレスは夏らしく爽やかな水色のものを選び、ゲストへの引出物はガラスの器を選択、お料理も見た目に涼しげなものをチョイスしました。
また、挙式日にちなんでウェルカムスピーチの際に『なないろ』の披露宴となりますように、とセリフを決めていたのですが、新婦が緊張して日にちを間違えてしまったこと、間違えたことで会場内に笑いが起こり、新婦もリラックスしてその後の披露宴を楽しめたことも良い思い出です。

私たちはオープニング、プロフィール、新婦の手紙、エンドロールにムービーを上映しましたが、両親や家族、ゲストの写真を多く入れ、見ていて楽しい仕上がりになるように意識して作成しました。両親には物ではなく思い出をプレセントしようとふたりで話し合い、旅行券を贈ったりと、結婚式の準備をふたりでじっくりとしたことでさらに絆が深まり、日頃お世話になっている方々にも感謝の気持ちを伝えることができて本当によかったと思います。

これからのカップルへのアドバイスをお聞かせください

ロイヤルパークホテルは格式高い落ち着いた雰囲気のホテルで、正統派の結婚式を挙げられる会場です。
お料理はどれも美味しく、ゲストの方に喜んでいただけますし、アクセスもいいので、遠方からのゲストも安心です。

結婚式は決めることが多く、準備は大変ですが、お招きするゲストの喜ぶ顔を思い浮かべながらやるとはかどりますよ。 
プランナーの方は親切に色々とアドバイスしてくれるので、困った時には何でも相談してみてください。

ウエディングレポート一覧

もっと読む

Photo Galleryフォトギャラリー

ホテル館内には美しい花嫁をさらに輝かせる、
素敵な撮影スポットを多数ご用意しております。

Contactお問い合わせ・資料請求